iPad  Pro に  Magic Keyboard が最適な3つの理由

私は普段 iPad Pro を使っています。
iPadは持ち運びも楽だし使い勝手もいいし最高なんですが、ブログ入力のような大量の文字を打ち込む作業にはやはり向いていません。

そこで、思いきってMagic  Keyboardを導入することにしました。
(購入はApple Storeです。)

 からの  装着後

たくさんあるキーボードの中でなぜこれを選んだのか。

今回は2日間使ってすっかり虜になってしまったMagic  Keyboard についての魅力を書きたいと思います。

推しポイントは大きく3つ

1つ目:軽いタッチで気持ちよく打てるキーパッド

やっぱりまずこれでしょう。

Apple storeには下のように書いてあります。

シザー構造のKeyはバタフライ構造に比べて厚みはありますが、打鍵感が圧倒的に違います。
とにかく「打っていて気持ちいい」のです。しかも打ってる時にうるさくない。(カタカタカタ…といった感じ。文章入力してるかっこいい自分が演出できます。)打ち心地が軽いので指も疲れません。

※シザー構造とバタフライ構造の比較はこちらのサイトが分かりやすかったです。→FAR FROM HEREさんのブログ

Apple製品を使う人は結構ガジェットにこだわりがある方だと思うので、この使い心地はぜひ味わっていただきたいですね。

2つ目:あると無いとではパフォーマンスに圧倒的差が出るトラックパッド

トラックパッドでこれに決めたといっても過言ではありません。

期待どおりトラックパッドの機能はあらゆるところで発揮されています。
文章を書いているときに何文字かだけ戻りたい、とか、画面をタップするときに指が邪魔、とかそういったストレスとはすっかりおさらばです。

ビバトラックパッド!(古

以前は MacBook を使っていた、なんて方にも非常に使いやすい機能だと思います。
安いキーパッドではトラックパッドなんて当然ついていませんので、「違うのはトラックパッドだけだし、値段も全然違うし…」なんて悩んでる方でも思いきって導入しても後悔はないと思いますよ!

3つ目:なにげに見やすいフローティングカンチレバー

Magic Keyboard は磁石で iPad の背面とくっついているのですが、この接触面を屈曲させることにより画面の向きを調整できます。

このときにiPad が少し宙に浮いた形になるのですが、これがまたちょうど見やすい角度になるんですよ。
キーパッドに画面が接触していると目線がそれだけ下がるわけですが、これだとそれがない。

しかもこのキーボード、そのままカバーにもなるし、充電してると自動で使ってるiPadも充電してくれるんです。ここも評価ポイントですね。

そんな Magic Keyboard の弱点は2つ

1つ目:お高い

最大の弱点きました。

高いです。買うときの最大の障害と言っても過言ではないでしょう。
なんせたかだかiPadのキーボードに4万円出すのはかなり勇気がいりますよね…
(学生や先生なら少し安くなります。)

買ってしまえばメリットばかりで忘れることもできるんですが、検討段階では…まぁ家族の了解は得られにくいでしょうね…

2つ目:Apple pencil の収納場所がない

これもなにげに大きい弱点です。

他のスマートキーボードには収納場所がついてたりするのになぜなのかは謎です。

結論:Magic Keyboard は良き

結論的には、数々の困難を乗り越えても導入する価値はあると思います。

文字書きするなら絶対にオススメです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事