コロナ禍とワクチンと自己責任

こんにちは、獣医が作るドール服 ケモミミ本舗 たぬぬです。
今回は今のコロナ禍について思うことを書こうと思います。

 

家畜とワクチンでも書きましたが、ワクチンは通常承認までに長い時間を必要とします。
(承認まで、というのは実際に現場でワクチンを使える状態になるまで、という意味です)

 

Covid-19(新型コロナ)の場合、緊急性が大きく、特例承認という形で各種ワクチンが使用されています。
とにかく早くワクチンを使えるように、ととられた措置なのですが、当然、全体に行きわたるには時間がかかります。
(ワクチンは任意であって強制ではない、というのもその理由の1つになります。即席のワクチンに懐疑的になるのは当然だと思いますが)

 

それが分かっていたはずなのに、全ての人に行き渡るまでの「移行期」を想定していないかのような今の政府の対応にはかなり不安を感じます。
(なにせこの後に及んでまだパラリンピックを開催するらしいので)
ロックダウンで大金を使うよりオリンピックで大金を使うことの方が人道的だと思っている、…みたいに見えますね。

その結果「軽症者は自宅療養」という名の医療崩壊に直面しているわけですが。

 

こと今回の新型コロナについては「容態の急変」が当初から言われていました。
健康に見える人が急変して重症化する、もしくは死亡する、などです。
それが今まさに現実に目に見える形でニュースに流れるようになってきてしまいました。

 

コロナ禍と言われ始めて1年以上経ちます。
いくらでも打つ手はあっただろうに、と思うと忸怩(じくじ)たる思いに駆られます。
(例えば検査の徹底、ですね。これは今でも有効です)

 

自己責任はこんな状況でも威力を発揮しており、重症化や死亡してもワクチンを打ってなければその人の責任、みたいな雰囲気も出てきてます。
ワクチンに慎重だった人たちもワクチンを接種していくでしょう。
ただ、理解しておかなければならない点として、今回のワクチンの副反応については「ワクチンとの関係性は不明」で終わる可能性が高く、それこそどんなことが起きても保障は期待できない、という点です。

 

自粛してもお金は渡さないし、ワクチンで何かあってもお金は払わない、という行政の強い意志のもとで生きていかなければならないのはやっぱりちょっとツラいですね…

さて。
件(くだん)のワクチンですが、気になっていることが他にもあります。
そのひとつがワクチンの活用方法が確立されていない、というところです。

 

2回接種にしても同じメーカーだけでいいのか、異なるメーカーを使った方がより効果的なのか、2回よりだけでは足りないのか、本当は何回打てば満足な結果が得られるのか、これから毎年接種が必要になるとして副反応は積み重なるのか、…

 

治験の量は半端じゃなく毎日積み上がっているので、データとしては申し分なく揃っていっています。
ワクチンメーカーも、こと今回のワクチンについては利益は度外視しているとかも言われていますし(それにしても莫大な金額が入ってきているようですが)、全人類をあげてコロナ禍を乗り切れればいいなと切に思っています。

治療薬についてもTwitter上でもいろいろ喧々諤々(けんけんがくがく)とやっていますが、フラットに冷静に判断して、少しでも早く、より有効な手段が見つかることを祈っています。