【Mac版】困った時のキャッシュクリアとリロードとスーパーリロード

iPadやiPhoneをいじってると、なんかやたらもたつくなぁって思うことありますよね。
そういう時にやる手段としてキャッシュクリアとかリロードとかスーパーリロードとかがあるらしいんですよ。やってみると確かにうまくいったりするので、覚えておいて損はないと思います。
今回はこれらの具体的なやり方についてシェアしますね。

キャッシュとは

「キャッシュ」というのが何か最初はわからなかったのですが、どうやらブラウザに溜まっていく一時的なデータのことらしく、これのおかげで通常は以前開いたところがすばやく開いたりするみたいです。ただデータが溜まってくると逆にもったりしてくるので、お掃除する感覚で定期的にキャッシュクリアを行った方がいいみたいです。

キャッシュクリアの方法

iPhone・iPadの場合

● Safari:設定 → Safari → 履歴とWebサイトデータを消去 → 履歴とWebサイトデータを消去をタップ

Mac PCの場合

● Chrome:設定 → 履歴 → 閲覧履歴データを消去する → 消去したいものをチェックして消去(cookieとキャッシュ)
● Safari:環境設定 →  詳細(右の歯車マークのところ) →  1番下にある「メニューバーに“開発”メニューを追加」にチェックを入れる →  メニューバーに戻ると「開発」があるのでそこをクリック →  真ん中あたりにある「キャッシュを空にする」を選択

リロードとは

リロードは道路情報を見るときなどによくやるやつですね。いわゆる「再読み込み」です。
ブラウザを開いているときにエラーが出たりフリーズしてしまった時にも有効です。

iPhoneの場合

少し画面を下に動かすと出てくる右上のくるりんマークを押す

Mac PCの場合

ショートカットキーを使いましょう。 → コマンドキー+R
※これはiPadでも使えます。

スーパーリロードとは

リロードでもダメな場合に有効です。
キャッシュを消してから最初から読み込ませる方法です。
これでもダメなら最終手段の「リセット」を行うことになります。