副作用と副反応の違い

みなさんこんにちは。獣医が作るドール服 ケモミミ本舗です。

 

ここ1年くらいで急速にコロナワクチンの接種率が上がってきました
ね。それに伴って、「副反応」という言葉もよく耳にするように
なってきました。

以前から「副作用」という言葉は使われてきたのは知ってるけど、
「副反応」との違いがよく分からない、という方もいると思います。


「副反応」というのは、コロナワクチンでよく目にすることでも

分かるように、ワクチンを接種したときに起こる「よくない作用」
です。

コロナワクチンでも接種部の腫れや発熱、倦怠感が起こりやすい、
とニュースでもよく流れていましたね。
ワクチンはいろいろな種類があるので、使われている材料だったり、
免疫がつく過程から起こったりします。

症状的には軽症なものから重症なものまでさまざまあります。


その一方で、「副作用」というのは、ワクチン以外の医薬品で起こる

よくない作用を指して使われる言葉です。
医薬業界の言葉の使い分けなので、分かりにくいですよね。
こちらも軽症から重症なものまで含まれます。

(放射能と放射線を使い分けるようなものだと言えば分かりやすいかも

しれません)

ちょっと蛇足。
重篤な副反応が起きた場合は国の補償がある、とされていますが、
ワクチンの服反応は個人差や時間差がありなかなかはっきりとワクチン
による作用と言い切れない場合も多く、因果関係が不明とされる場合も
あるので、ワクチンの接種は悩ましいところもありますね。
特に今回のような社会的パンデミックに近い伝染病が起きた場合の
ワクチン接種は、実験的な面もあるので余計に難しいと思います。

こういう時こそ積極的に補償して、安心してワクチンを接種できるような
体制にして欲しいですよね。

(画像はいらすとやさんからお借りしました)