【覚えておいて損はない】Macのショートカットキー

こんにちは、2zero3です。

いちいちコマンドを選んでクリックして…メンドクサイなぁと思っていたことも、案外ショートカット機能があったりします。

今日は覚えておくと便利なMacのショートカットキーを10個まとめてみました。
まとめサイトは他にもたくさんあるのでいまさら感はありますが、どうしても「1つ前の状態に戻す」ショートカットキー」をお伝えしたくてこの記事を書きました。

詳しくはMacのキーボードショートカットに何倍ものショートカットキーがまとめられているので「もっと知りたい!」という方は参考にしてくださいね!

1つの書類内の言葉(項目)を検索するショートカット

※または検索ウィンドウが開きます
Comand Key(左右の1番下の列にあるクローバーの葉っぱのような形の模様がついたキー。以下cmd) + F

いわゆる「右クリック」ができるショートカット

control(キーボードの左右端列にあります) +クリック(スペースバー、もしくはマウスパッドをクリック)

再読み込み(リロード)のショートカット

cmd +R

文章や写真などを(後でペーストするために)カットするショートカット

cmd +X

同じくコピーするショートカット

cmd +C

ペーストするショートカット

cmd +V

書類を保存するときのショートカット

cmd +S

直前のコマンドをやり直す(取り消しコマンド)ショートカット

cmd +Z

取り消しコマンドを取り消すショートカット

shift(キーボード左端にある上向矢印のキー) +cmd +Z

スクリーンショットを撮るショートカット

shift +cmd +5

 

いかがですか?

+と書いてあるのは、前のキーを押しながら後のキーも一緒に押すという意味です。

少し少ないと思われるかもしれませんが、私はこれくらい覚えていれば十分かなと思います。

特にブログなんかを書いてると取り消し(1つ前に戻る)ショートカットはものすごく便利だと思います。

他にも何十個とショートカットはあります。

結構WindowsとMacで共通してるので、一回覚えればいろんなところで活用できると思いますよ!
私も公務員生活長かったですけど、これくらいで十分乗り切れました(笑)

PC作業を少しでも楽にするためにぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事